入居率の高さとロジック

不動産業者の中でも入居率99.67%という、驚異的と言っても過言ではない数字を誇るのが和不動産です。不動産投資の肝は言うまでもなく入居率です。どれだけ素晴らしいことをアピールしたり、素晴らしいロジックを組み立てて消費者にアピールしたとしても実際に利益が出るのかどうかは入居者がいてこそです。仮に素晴らしい物件だとしても、そこに入居者がいなければ不動産投資では利益を得ることが出来ないのです。だからこそ、和不動産の99.67%という数字は評判を集めているのですが、なぜここまで高い数字を出しているのか。その答えは和不動産がこれまで得たノウハウ、そしてリソースの集中があります。和不動産では中古ワンルームマンションの投資に力を入れています。和不動産は中古ワンルームマンションだけを行っている訳ではないのですが、力を入れることによって目的意識を明確にしているのです。

ワンルームマンションの特性を考えた時、当然ですが単身者からのニーズが強いものです。そして我が国では単身者が増えています。晩婚化が進んでいるおかげで単身者さえ珍しくない時代ですが、そのような単身者がどこに住むのかと言えば多くがワンルームマンションです。経済力云々ではなく、何部屋もあるような部屋に住む理由がないのです。家に住めば掃除も行わなければならないです。初めは広い部屋が良いなと思っていても、いざ住んでみると掃除が面倒、移動が億劫。それらの理由で、結局は一人暮らしであればワンルームマンションがベストだという答えにたどり着くのです。和不動産ではその点を熟知しているからこそ、ワンルームマンションに力を入れているのです。

ワンルームマンションに力を入れているのも、やはりノウハウがあるからこそです。それまでの不動産事業で培ったノウハウから、ワンルームマンションであれば不動産投資にも役立つとの勝算があったのでしょう。結果は冒頭でも話したように99.67%という入居率なのです。これだけの数字を誇れば、ロジック通りの利益を得ることが出来ると言っても過言ではないですし、利益が出るからこそ評判も良いのです。不動産投資は決して簡単なものではなく、税金や修繕費など様々なことを考慮しなければならないのです。入居率によって一定の収入を得るだけではなく、様々なサポート体制まで整えてくれているからこそ、和不動産は多大な評判を集めていると言っても決して過言ではないのです。

先見の明も感じられる

不動産投資へのニーズが高まっている点に関しては様々な背景があります。不動産投資へのニーズの高まりを受け、様々な業者が不動産投資事業を行っているのですが、評判の良い業者もあれば、悪い業者もあります。その分かれ目となるのはシンプルです。利益になっているのかどうか、その一点のみと考えて良いでしょう。それだけ素晴らしい理論を構築して、数字で消費者や顧客に対して利益が出ます。儲かるから大丈夫だと告げても蓋を開けてみたら入居者が入らないので利益にならないばかりか、お金がかかる一方で得をするどころか損をするような状況になっているというケースもあります。そのため、不動産投資はパートナーとなる事業者の選定も大切になってくるのですが、入居率の高さから高い評判を集めているのが和不動産です。

和不動産の入居率を見てみると99.67%と、けた外れに素晴らしい数字となっています。この数字は単純に100戸の不動産を有しているとすれば、99戸以上に人が住んでいることを意味しています。不動産投資の肝は言うまでもなく入居者がいて、その入居者がしっかりと家賃を支払ってくれるのかどうかです。緻密な計算等は、あくまでも入居者が家賃を支払ってからの計算であって、家賃そのものが発生しなければどのような崇高な理念や計算も机上の空論でしかないのです。そのため、入居率はいわばどれだけ利益になるのかの可能性を示しているのですが、和不動産のこの数字を見れば和不動産の評判の高さも納得出来るのではないでしょうか。ではなぜ和不動産の不動産にはこれだけの入居者がいるのか。

評判の和不動産が更新するFacebookはこちら!

和不動産の不動産の入居率が高いのはそれまでのノウハウ、そして経営資源の集中です。和不動産では中古ワンルームマンションに力を入れています。ワンルームマンションは単身者向けの不動産ですが、これだけ単身者が増えている時代です。ファミリー向けの物件よりも利率が良いのです。さらに、ファミリー向けの物件はどうしてもそれなりの面積になりますので修繕の際もお金がかかります。さらに固定資産税もかかれば、そもそも近年は家族の人数も少なくなっていますので、以前ほどファミリー向けの物件のニーズが高くはない点も挙げられるのです。ただ、その反面ワンルームマンションへのニーズは高まりを見せています。その点に早くから着目していたからこそ、ワンルームマンションに力を入れることによって高い入居率を誇ることとなったのです。

時代を考えたワンルームマンション投資

和不動産は不動産投資事業を行っている会社の一つです。不動産投資事業を行っている会社など数えきれないほどあるのですが、その中でも和不動産の評判が高い理由がいくつかあります。まず、和不動産は中古ワンルームマンションに力を入れています。ワンルームマンションの需要を見越したうえでの展開になりますが、中古ワンルームマンションは賃貸相場に於いて、需要が常に一定とも言われています。むしろ昨今の家族構成を考えた時、単身者が増えていますので安定どころかむしろ需要が高まりを見せているのです。そして和不動産の入居率です。99.67%と言われている入居率の高さは、言わば「不動産投資を行ってみたけど入居者がいない」という事態になりません。不動産投資の肝は言うまでもなく入居者です。

不動産投資の成功のカギは如何に入居者を集めるかです。良い物件を見つけるべきとされているのは、良い物件であれば入居者が絶えないからです。不動産投資で失敗するパターンは、購入した不動産に入居者が集まらないため、家賃として回収できないからなのですが、和不動産の扱っている物件は入居者が99.67%です。裏を返せば、入居者がいない不動産を探す方が難しいと言っても良いだけの数字となっているのですが、入居者がしっかりといるとうことは失敗しないということでもありますので、利益が出やすいのです。不動産投資に求めることは、極論すれば利益です。徹底的にサポートしてくれると言っても、利益が付いてこなければ意味がありません。それでは消費者は納得しませんが、高い入居率を誇るからこそ、納得しているのです。

そして高い入居率を誇る理由がワンルームマンションに力を入れている点にあります。少子高齢化が加速している我が国ですが、だからといって住まいがいらないということはありません。むしろ単身者が増えているということはワンルームマンションは求められているのです。ファミリー向けの物件が必要とされなくなっているのに対し、ワンルームマンションは需要が増えていると言っても過言ではないのです。和不動産ではその点を弁えており、さらには顧客や消費者に対してそのような情報を出し惜しみしません。そのため、多くの人がどうすべきなのか目的を明確に出来るので利益も高まり、評判も高まるのです。入居率の高さが、このような好循環を生んでいる点が和不動産の最大の強みであり、そこから更に評判を集めるに至っているのです。

消費者との信頼関係

和不動産が力を入れている不動産投資はワンルームマンションです。ワンルームマンションを求めているのは単身者ですが、我が国の社会構造を考えた時、この判断は正しいと言えるでしょう。和不動産は評判の高い不動産事業者ですが、その理由は顧客に利益を与えているからでもあります。ではなぜ利益を与えられているのかと言えば、高い入居率があります。和不動産の不動産入居率は驚きの99.67%です。限りなく100に近い入居率が意味するのは、入居者がいないので家賃収入が発生しないという事態を回避できます。せっかく貯めたお金で不動産投資をと思ったものの、入居者がいないので結局お金だけを損するような形になってしまうケースも他の業者では見受けられるようです。和不動産であれば高い入居率がそのような事態を防ぐのです。

これだけ高い入居率を誇るのは先にもお伝えしたように和不動産がワンルームマンションに力を入れている点が大きいです。ワンルームマンションの需要は単身者が増えている我が国の世帯構成を考えると、これからもまだまだ増えていくと言われています。早くからこのような社会構造に着目し、ワンルームマンションの投資に力を入れ始めた和不動産の評判が良いのは、利益をもたらしてくれる点と併せて着目すべき部分です。もちろん不動産投資は「必ず」とは言えないものではあるのですが、99.67%という高い入居率を誇る和不動産であれば、利益を得ることも難しくないのです。また、和不動産はアフターフォローもしっかりと行っていますので、不動産を購入したから終わりではなく、そこからが付き合いの始まりになるので初めての不動産投資であっても問題ないのです。この点も評判の高さの理由です。

更に和不動産では頻繁にセミナーや相談会を行っています。不動産投資には興味があるものの、実際どれだけの利益が出るのかや、かかるお金、税金。インターネットで情報を探して何となく理解するのではなく直接話を聞きたいと思って居る人も多いのではないでしょうか。和不動産ではそのような声に応えるべく、セミナー等も積極的に開催してくれますので、疑問があればすぐにぶつけることが出来るのです。良く分からないけど取り敢えず初めて見るのではなく、疑問をすべて解消してから進めることが出来るので、利益に繋がりやすいのです。このように、評判が高いのはそれだけのことを顧客に還元しているからなのです。

押し付けるだけではない姿勢

不動産投資が成功するか失敗するか。そのラインがどこにあるのかといえば単純に入居者です。どの不動産業者も利益が出るよう計算して居るのは言うまでもありませんが、それでも失敗するのは入ってくるお金が予定よりも低い、つまりは入居者がいないからです。不動産業者としての評判の高さは、いわばどれだけの入居者がいるのかにかかっていると言っても過言ではないだけに、和不動産の評判が高い点は納得出来る部分があります。なぜなら、和不動産の入居者は99.67%です。和不動産が取り扱っている不動産に於いては、空き家を探す方が難しいと言っても過言ではないのです。それだけに、入居者から家賃も徴収出来ますので計算通りに利益を得ることが出来るのです。入居者の高さはなかなか簡単には増えないものですが、これだけの高い数字があれば顧客側としても安心なのではないでしょうか。

なぜ和不動産の入居率がここまで高いのかは、それまで培ってきたノウハウがあるからこそです。和不動産では中古ワンルームマンションに力を入れているのをご存知でしょうか。不動産と言うとどうしてもそれなりの利益が出るファミリー向けの物件をと考えてしまいがちなのですが、中古ワンルームマンションに力を入れることによって、リスクを最小限に入居者を増やすことが可能になったのです。それもそのはず、単身者が増加傾向にある我が国で求められているのは広いファミリー向けの物件ではなく、ワンルームマンションです。単身者向けのワンルームマンションが求められているのは社会構造上、当たり前のことなのですが和不動産では古くからワンルームマンションに目を付けていたのです。

ワンルームマンションに力を入れることにより、入居率の高さを実現し、お客に利益を還元しているのです。この点を徹底しているからこその評判の高さであることは言うまでもありません。また、ただ単に自分達だけで頑張るのではなく、不動産投資を行うお客に対しての無料相談やセミナーも積極的に行っています。つまり、お客側としては「何がどうなっているのか分からない」ではなく、どうすれば良いのか自分でも考えることが出来るのです。アフターフォローもしっかりと行う和不動産だからこそ、ただ任せるだけではなく自分達でどうすべきなのかも考えられますので、不動産投資に対しての情熱も損なわれないのです。お金だけを出すのではなく、不動産投資そのものが楽しくなるのです。